問題解決事例タッピンねじの締結不具合から、製品不良が多発。

お客さまの要望・お困りごと

毎月数十万本、自動ねじ締め機で製品を組立している。 組立時、ねじバカにより不良品が多く出て困っている。

状況

被締結部材がアルミ、厚みが0.8㎜と非常に薄く、めねじの強度不足により、ねじバカが頻発していた。

お客さまの業種

電機 - コネクター

プロの見解

めねじの強度不足により、ねじバカが発生している。 ねじ部の形状で破壊トルクをアップさせる必要がある。

ソリューション

トルク・軸力管理

解決商品

特殊タッピンねじ

改善提案

めねじを壊さず、破壊トルクが高い特殊タッピンねじを提案。

お客さまの感想

毎月、数十万本使用するタッピンねじで、歩留まりが多く、社内でも大きな問題になっていた。 改善する方法が分からず、長年放置していたが、今回の改善で、歩留まりがほとんどなくなり、安心して製品出荷できるようになりました。

解決期間

1年間

提案者

砂邊

提案者からのメッセージ

タッピンねじ締結でお困りの方は、いつでもお問合わせ下さい。 トルクアナライザーで最適条件をご提案いたします。

ログインするとショッピングページでのお買い物など各種機能がご利用出来ます。
ねじを使用するユーザー様には、ご要望に応じてメールマガジンも配信していますので、この機会に是非ご登録ください。

  • 新規会員登録(無料)
  • ログイン(会員の方はこちら)