締結.jp TOP
締結部品のご購入

PCトルクアナライザー ねじトルク図形解析システム

PCトルクアナライザーは、タッピンねじのトルク測定システムです。製造現場で使用する電動ドライバーと同じ条件で試験ができるため、従来からのトルクレンチなど静的な試験では得られなかった現場の環境を再現する動的な試験データを得ることができます。試験データを解析することで、タッピンネジを使用するときの『ねじの種類』『下穴』『締め付けトルク』が簡単に設定できます。

トルク管理は万全ですか?

トルク管理は万全ですか

トルク試験、承ります!

試験機

トルクデータ解析画面とトルク試験報告書

トルクアナライザーの実演!

トルクアナライザー

セールスポイント

  1. 1.現場で使っているワークと締付条件で、トルク試験ができる!
  2. 2.ねじ締めトルク特性を瞬時にグラフ化。最適な「トルク」「下穴径」「ねじ種類」
  3. 3.ねじ締め試験の準備や操作が簡単。誰でも正確なトルク試験ができる!
  4. 4.試験報告書が簡単に作成できる!

セールスポイント1

セールスポイント2

使用事例

ねじメーカーでは、このように使っています

①新しいねじを開発や、競合他社のねじとの比較のためのデータ解析
②納入先へねじ締めトルクに関しての技術情報の提供や提案資料の作成
③製品クレームの原因追求と対策

ねじ商社では、このように使っています

①新規ユーザー開拓時の技術情報の提供と、競合他社のねじとの比較
②新しいねじを開発するためのデータ解析
③仕入先のねじの評価と技術指導

ねじを使うユーザーでは、このように使っています

①組立ラインで必要な、ねじ締め付けトルクの作業標準を設定
②新製品開発のための、ねじ締めトルク解析
③新製品の設計時に、下穴などの締結条件を設定するためのデータ取り

試験概算費用一覧

項目 使用条件① 使用条件② 使用時間 単価(円)
設備使用 お客様が池田金属工業(株)社内にてPCトルクアナライザーを使用する場合。 1日使用 9:00 〜 17:00 50,000
半日使用 9:00 〜 12:00 30,000
13:00 〜 17:00 30,000
委託試験項目 試験条件① 試験条件② 単価(円)
締め付け破壊試験 部材1種類 ねじ1種類 50,000
追加試験① 部材1種類追加毎   20,000
追加試験②   ねじ1種類追加毎 10,000
締め付け試験 部材1種類 ねじ1種類 30,000
追加試験① 部材1種類追加毎   20,000
追加試験②   ねじ1種類追加毎 10,000
戻しトルク試験 部材1種類 ねじ1種類 50,000
追加試験① 部材1種類追加毎   20,000
追加試験②   ねじ1種類追加毎 10,000
増し締めトルク試験 部材1種類 ねじ1種類 50,000
追加試験① 部材1種類追加毎   20,000
追加試験②   ねじ1種類追加毎 10,000
繰り返し使用試験(50回まで) 部材1種類 ねじ1種類 100,000
追加試験① 部材1種類追加毎   40,000
追加試験②   ねじ1種類追加毎 20,000

専任の担当者がいますのでお気軽にお問い合わせください

無料セミナー開催中!

トルク曲線解析セミナー(90分)【シーホースセミナー】

  • タッピンねじを使用した締結は多く採用されていますが、どんなタッピンねじを、どの位の下穴に、どの位の力(トルク)で締めれば良いのか、経験とカンに頼っていませんか?
  • 実験を行い、データを解析する事で、「タッピンねじの種類」、「下穴径」、「締結トルク」を導き出せます。
  • このセミナーでは、これらのプロセスを、「PCトルクアナライザー」を使用して最適な締結条件を解説します。

PCトルクアナライザー

  • サイトマップ
  • 締結.jpの紹介
  • 情報閲覧
    • お悩み別事例
    • お悩み別対策
    • カタログ
    • 試験サービス
    • セミナー
    • 製品紹介
    • 技術資料
  • 利用案内
  • 会員登録の流れ
  • よくある質問