錆・焼付き・耐食性向上

事例と対策

事例 No.03-06

外観重視の為、キズの選別を行っているがキズのつかない表面処理方法は無いか

お困り事

現行使用中のG処理は遠心分離式で加工を行っている為、処理時に製品と製品が当たってしまい、キズが付いてしまう。
悪い時は約70%がNGとなる。対応として2倍の数量の生地製品をG処理しており、ムダが多く困っている。

対策

解説

冶具掛けによる、キズのつかないG処理を提案し対応しました。

商品紹介

その他

結果

冶具掛けする事でNG品がほぼ無くなり、非常に喜んで頂きました。

ページのトップへ