締結.jp TOP
締結部品のご購入

ねじのゆるみ

ねじのゆるみとは?

ねじ締結体は、ボルトにトルク(回転力)を与えることで発生する引っ張る力《張力》力と、被締結物に生じている挟み込む力《圧縮力》力によって一体化しています。
この発生している力が、何らかの原因(振動、温度変化、なじみetc)で低下することを「ゆるみ」といいます。

ねじのゆるみの原因

ゆるみ

ねじのゆるみの種類は大きく分けて2種類あります。

  1. 戻り回転ゆるみ

    ナットが戻り回転するゆるみ。
    (例:機械の振動でねじが回転して脱落した!←原因は機械の振動。)
  2. 非回転ゆるみ

    ナットが戻り回転しないのに、張力低下するゆるみ。
    (例:ねじがガタついてきた!←原因は樹脂が痩せた。)

どちらの現象でねじがゆるんでいるかを把握して、適切なゆるみ対策を行うことが必要です。

ねじのゆるみに関するキーワード

『摩擦』

ねじが戻り回転しないのは、ねじ面と座面(ナットとボルトが接地している面)の摩擦があるからです。

『張力(軸力)』

ボルトに張力(軸力)が発生することで締結体として機能します。

『トルク』

力いっぱい締めるゆるみにくい》ではありません!
適正なトルクで締めることにより締結体の機能を果たします。
トルクを管理することは重要ですが、最も大切なのは軸力!

摩擦、トルク、張力(軸力)は密接な関係にあります。

ゆるみ止め方法

次の場合には、以下の様なゆるみ止め製品で対応しました。

事例① 振動や衝撃があるのでゆるみやすい。増し締めするのが大変。
対応① シーホースノジロック®ノルトロックワッシャーシーホースロックDTIシステム
事例② 相手材が強くないのでしっかり締め付けられない。
対応② ノジロック®シーホースロックロックリコイル
事例③ 緩み止めを使っているが、ねじの摩擦が大きくて締付の作業が大変。
対応③ ノルトロックワッシャーDTIシステム
  • その他、ねじのゆるみ止め,ゆるみ試験,ゆるみ原因,ゆるみ振動,ゆるみ軸力,ゆるみ防止,ゆるみ対策、その他『ねじのゆるみの問題解決事例』はコチラをクリック! ゆるみ止め問題解決事例
  • 締結部品のゆるみ対策はしているが、今の方法で間違っていないのか、不安。ねじのゆるみに関してもっと深く知りたい。随時セミナーを開催しております。基本知識はこのセミナーにて。ぜひ、ご参加ください。
  • セミナー開催一覧
  • セミナー参加者のお声
  • サイトマップ
  • 締結.jpの紹介
  • 情報閲覧
    • お悩み別事例
    • お悩み別対策
    • カタログ
    • 試験サービス
    • セミナー
    • 製品紹介
    • 技術資料
  • 利用案内
  • 会員登録の流れ
  • よくある質問